東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県を中心に、再建築不可物件のトータルサポートサービスを提供します。購入・リフォームのサポートから、代理購入等も。

再建築不可とは?

『再建築不可』とは、わかりやすく言えば「新しい家を建てられない土地」です。
様々な理由で建物が無くなった場合、再建築ができません。

『再建築不可』の該当条件として最も多いのは、道路と2m以上接していないという条件です。
建築基準法で定められた道路に敷地が2m以上面していなければ、再建築ができません。

関東には狭い路地が多く存在し、『再建築不可』物件は沢山存在します。
再建築ができない場合、一般的には「将来的に価値が無くなる土地」と思われがちですが、そうとも限りません。
様々な解決方法があり、うまくいった場合、資産価値が数倍になることもあります。

再建築不可物件の条件

『再建築不可』物件の特徴

『再建築不可』物件は、購入者のニーズに合った物件であれば魅力的な物件でもあります。
以下は、一般的に『再建築不可』物件として考えられるメリット・デメリットです。

メリット

・通常の物件に比べると安価なため、定年後のご夫婦や新婚さん、セカンドハウスなど検討しやすい。
・賃貸物件とした場合、通常物件よりも安価に設定できるため、入居率が高く、高い利回りが期待できる。

デメリット

・新築の家を建てることはできません。
・売却する場合、購入者が銀行の「住宅ローン商品」について、適用が難しい場合もある。
・住宅ローンが適用できない場合、売却に時間がかかる。